アタマジラミ

スミスリンとシラミンローションを使う場合の準備・時間の使い方の違い

スミスリンは近くの薬局などで購入可能。その日に駆除を始められるけれど、駆除に2週間を要するのが基本です。

 

一方アメリカ製のシラミ駆除剤であるシラミンローションは、入手までに5日~7日かかってしまいますが、最短20分で駆除が終わると謳われています。

 

どちらを選ぶべきか。二つの駆除に必要なアイテムや心構えを比べて、どんな準備、時間の確保の仕方が必要なのかをチェックし、アタマジラミ駆除準備の参考にしていただければと思います。

 

アタマジラミ01

 

スミスリンで駆除する際に必要なもの

 

・スミスリン
・専用コーム(※スミスリンに付属のものより、ニットフリーコームなどを購入する方がおすすめ)
・シャワーキャップ
・コンディショナーや椿油など、梳き櫛を使う際に潤滑剤になるもの

 

所用時間に関わる情報

・薬剤の塗布時間5分。
・洗い流し、櫛で梳く処理に時間がかかる(個人差あり。しかし風邪を引かないようあまり長くならないことを推奨)。
・3日に一度、2週間の間駆除を行う必要がある。

 

シラミンローションでを駆除する際に必要なもの

・シラミンローション
・シラミンシャンプー(お好みで)
・専用コーム
※上記3点はセット販売されている
・カラーリングのときに使うハケがあると捗る
・パジャマのような、ボタンのついた服装で駆除を行う

 

所用時間に関わる情報

・シラミンローションの塗布時間20分
・櫛で梳く処理に時間がかかる。
・一度の駆除で終わる可能性もあるが、やはり3日に一度、2週間を見るのが基本
・注文から手元に届くまでに5日~7日ほどかかる

 

いずれも第三者の協力があると効率的。駆除にかける時間を確保することが重要。

 

櫛で梳き取ったアタマジラミを駆除するため、熱湯を用意しておく。

 

スミスリンで駆除を行う際に必要なものと心構え

シャワーキャップ。特に冬場は必須?

アタマジラミの駆除の際、それほど多くのものは必要ありませんが、スミスリンを使う場合、シャワーキャップはあった方が良いと思います。

 

特に季節によって装備は変えるべきでしょう。

 

アタマジラミは夏のものだというイメージがある方も多いかもしれませんが、実は季節に関わりなく、いつでも感染し、流行することがあります。

 

冬場、スミスリンシャンプーを使うとすればお風呂場で駆除を進めると思いますが、スミスリンを泡立てた状態(成分を髪に浸した状態)で5分間待つあいだは、できれば湯舟の中で過ごしたいものです。

 

浴槽の外での5分間は寒いお宅も多いと思いますから、この時間に堪えられず早く流してしまったり、風邪を引いてしまったりすると駆除がうまくいかない可能性もあります。

 

また、スミスリンが髪の毛を伝って落ちてしまうのっも防ぎたいところ。

 

少々面倒に感じるかもしれませんが、シャワーキャップを購入し、湯舟につかりながら駆除を終えられるようにした方が良いでしょう。

 

アタマジラミ02

 

梳き櫛を使う際はコンディショナーや椿油を用意

薬剤を使用後、コームで梳く段階に至っては、そのままお風呂場で駆除をすることもあると思いますし、やはり寒い季節であれば外に出て駆除を行うこともあるでしょう。

 

そのために、床屋さんや美容院でするような、クロスが用意できれば完璧です。代用品でももちろん良いです。

 

櫛を使う際は頭髪にコンディショナーか頭につけて抵抗の無い油、例えば椿油などを使って丁寧に駆除を行いましょう。熱湯を張った容器を用意しておき、降り洗いすることで確実にシラミを駆除することができます。

 

櫛での駆除後、髪の毛についたコンディショナーなどを洗うため再びお風呂に入ることになります。出たり入ったりを繰り返すことになりますので、風邪を引かないようなケアが必要になります。

 

風邪を引いてしまうと、2週間を要するアタマジラミの駆除が捗らなくなってしまいますので、道具よりなにより、身体や頭を冷やさないようにする工夫が大切です。

 

アタマジラミ03

 

駆除にかける時間をたっぷり確保

スミスリンはアタマジラミの駆除に効果的ですが、卵の駆除には不向きだと言います。

 

卵の孵化を待って幼虫、もしくは成虫になったところを退治する方法ですので、しっかり2週間、駆除にかかるということを頭にいれておかなければなりません。

 

3日置きに4回、二週間のあいだ、コンスタントに薬剤を使い、櫛で死骸や卵を物理的に取り除くということを繰り返す必要があるのです。

 

アタマジラミ09

 

それは、道具を集めるだけでなく、時間的なゆとりも用意しなければならないということ。

 

少しくらい駆除の時期がずれたからと言って台無しになるというわけではありませんが、短期集中でしっかり駆除をするぞという意気込みがなければ、ズルズルと駆除が続き、薬剤が足りなくなったり他の家族にうつったりして、面倒くさいことになるかもしれません。

 

スミスリンでの駆除は簡単だけど、2週間かかることは忘れずに!

スミスリンはドラッグストアで手に入るので入手も簡単で、駆除もすぐにできます。

 

しかし必ずと言って良いほど2週間という日数が完全な駆除にかかることは頭に入れておかねければなりません。時間的なゆとりがなければ効率よく駆除という風にはならないかもしれないので、時間がかかるという覚悟を持って駆除にあたりましょう。

 

また、スミスリンは、長髪の方であれば一人で一本使って駆除が終わる計算です。

 

つまり、人によってはギリギリの量なので、無駄遣いができないということ。薬剤が流れ過ぎてしまったとか、早く流してしまったということが、駆除の効率を落とす危険性があります。

 

きちんと駆除が行えるよう、装備は少々大げさなくらいに整えた方が、アタマジラミに煩わされる時間が短くなると考え、装備、かけられる時間については妥協しないことをおすすめします。

 

 

シラミンローションで駆除を行う際に必要なものと心構え

一度で簡単にシラミ退治ができると思わないこと

シラミンローションはアメリカ製のシラミ駆除剤で、ネット通販で購入することになります。

 

殺虫剤不使用、独自開発のナトリウム成分とミネラルオイルで成虫のみならず卵まで脱水状態に陥らせて駆除するという製品です。

 

性質上、理屈で言えば一度(20分)で全てのアタマジラミの駆除が可能です。

 

アタマジラミ04

 

公式サイトの説明を読めば、駆除効率が高く、簡単にアタマジラミの駆除が終わりそうにも見えますが、実際はそれほど甘くないと思っておきましょう。

 

駆除をきちんと終わらせられるかどうかは、使用者の使い方、準備にどれだけ注意を払えたかに関わりますし、当然アタマジラミのしぶとさ(薬剤の届かないところに隠れていたり、思わぬところまで足を広げていたり、枕などから再感染したりがある)にもよります。

 

つまり、20分で駆除が終わることを期待しつつも、一度で駆除を終えられると考えないことが、シラミンローションを使う上では大事になります。

 

アタマジラミ05
アタマジラミ06

 

駆除にかける時間はゆとりをもって

数回に渡って駆除を行うことを計算して、シラミンローションを使う際に何より用意していただきたいのは、やはり駆除にかける時間です。

 

シラミンローションはクリーム状の薬剤を頭髪にまんべんなく塗り付け、20分間放置します。

 

その後、ローションを付けたまま専用のコームで死骸や卵、髪の毛に絡みついたシラミを取り除くという作業を行います。ローションが付いているので潤滑油のようなものは不要です。

 

さらにハーブ成分を含んだシラミンシャンプーを使って洗い流すことで、ひん死のシラミはとどめを刺されることになり、駆除の仕上げを行うことができます。また忌避効果を持つニームオイルによって再感染の確率を下げます。

 

放置時間が20分なので、それなりに一回の駆除で時間がかかってしまいます。

 

ゆったり、徹底的に駆除を行うつもりで使用しましょう。

 

アタマジラミ07

 

服装に注意しましょう

シラミンローションはさらさらとした質感ではなく、ある程度粘度のあるクリームですので、髪の毛につけて保持することは難しくありません。また、薬剤がしたたり落ちるという心配もいりませんので、20分は室内で過ごすことが可能。

 

シャワーキャップやクロスはなくても困らないでしょう。

 

冬でも室内でゆったり駆除を行うことができます。ただし衣服を脱ぐ際、頭にべったりとついた薬剤が付くことに気付くという方もいるはず。

 

ボタンのついたパジャマのような、衣服に頭を潜らせる必要のない服装で駆除を行いましょう。

 

アタマジラミ08

 

一人で行うより誰かにやってもらった方が絶対に良いです

頭髪にまんべんなく塗り付けるという作業がなかなか難しいものです。一人で完璧に行うのは無理なのではないでしょうか。第三者の協力があると良いですね。

 

この際、ヘアカラーのときに使うハケがあると丁寧に塗り付けることができると思います。

 

まさにカラーリングを行うように根本から丁寧にシラミンローションを付けることができれば、駆除効果にも期待が持てるでしょう。

 

シラミンローションを使う際に重要なのは、一度の駆除で終わらせようとは思わないことであり、かつ、一度の駆除で徹底的に丁寧に行うことです。

 

さっさと終わらせようと考えず、しかし丁寧に駆除を行うことで時間をかけずに済むということも忘れず、丁寧に駆除を進めましょう。

 

アタマジラミ10
アタマジラミ11

 

最後に

スミスリンとシラミンローションを比べましたが、どちらが絶対に良いというわけではありません。

 

駆除を開始するまでにかかる時間、一回当たりにかかる駆除の時間、そして駆除が終わるまでの時間には違いがあります。

 

スミスリンは早く手に入れられますが、2週間は必ずかかると考えてよく、またコンスタントに続けなければなりません。

 

シラミンローションは届くまでに時間がかかりますが、一度の駆除で終わらせてしまえる可能性があります。しかしそれには一度の駆除でどれだけ丁寧に作業ができるかにかかっていると言えます。

 

ご自身の状況を鑑みて、どちらが駆除に適しているかをぜひ考えてみてください。

 

アタマジラミ12